産後の濃いムダ毛処理の方法と注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後の女性の体について

産後の女性
産後は、妊娠中のホルモンバランスの変化により、肌の状態が不安定となります。

さらに、男性ホルモンの割合が女性ホルモンより多くなるので、妊娠前より濃いムダ毛が生えやすくなります。

ちなみに、産後から半年経つとホルモンバランスが改善されますが、それでも濃いムダ毛と向き合う必要があります。

その上、産後は赤ちゃんの世話をする時間が必要なので、脱毛施設で脱毛する時間を確保しにくいです。

なので、産後において自己処理によって濃いムダ毛を処理することになりますが、妊娠前より誤った自己処理になりやすいです。

なぜなら、産後は肌が敏感な上に乾燥しやすい他にも、濃いムダ毛が増えるからです。

その影響により、剃刀や毛抜きだと妊娠前の自己処理より肌を余計に傷つけることになります。

他にも、脱毛テープや除毛クリームでムダ毛処理する方法とありますが、肌を大きく傷つけるので肌のトラブルを招きやすいです。

出産後のムダ毛の処理の注意点

産後のムダ毛処理の注意点として赤ちゃんの面倒を見る時間と両立させる必要があるので、短時間で済ませるのが基本となります。

そのため、ムダ毛処理のやり方を間違えやすくなるので、肌を傷つけるリスクが高まります。

よって、産後に短時間で濃いムダ毛を処理するならば、電動シェーバーを活用するのがお勧めとなります。

電動シェーバーならば、肌の保湿を欠かさず行うことと刃の衛生面の管理をきちんとこなすことで、肌を傷つけるリスクを抑えつつ濃いムダ毛を処理できます。

その上、電動シェーバーには女性用のが存在するので、産後の敏感な肌でも誤った自己処理を施す恐れを減らすことが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*