ワキガになる原因と光脱毛やレーザー脱毛でワキガを改善できる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
日常生活が乱れないように意識しても、誤った自己処理を脇に施すことでワキガになる原因を作り出します。

なぜなら、自己処理によって脇の毛穴や毛根を傷つけるからです。

また、アポクリン腺は脇の毛穴と隣接している上に脇毛と一体化しているので、脇の肌の刺激の影響を受けやすいです。

その影響により、脇に誤った自己処理を施すことはアポクリン腺から出る汗の量が多くなる他にも、毛根が傷つくことで皮脂が多く分泌されます。

よって、アポクリン腺から臭いを発する汗が出るようになるので、ワキガの臭いを強めてしまいます。

さらに、誤った自己処理により毛穴が炎症を起こします。

サロンやクリニックに通うのがお勧め

脇は、皮膚が薄い箇所となるので毛を抜いたり刃を直接当てると、赤く腫れます。

そして、脇の炎症を放置すると雑菌が入り込むので、化膿した毛穴が黒ずみます。

また、自己処理のやり方が正しくても脇をツルツルにした数日後には、再び脇毛が生えることになります。

なので、ワキガに悩まされずに脇毛を処理する際は、サロンやクリニックに通うのがお勧めです。

サロンできる受けれる光脱毛は、クリニックによるレーザー脱毛より脱毛効果が低いですが、レーザー脱毛より痛みを伴いません。

そして、光脱毛とレーザー脱毛は毛を処理した後の肌に光やレーザーを当てることで、毛根の黒い部分に反応する仕組みとなります。

そのため、光やレーザーに反応した部分の毛根が死滅するので、何度も脱毛を受けることで次第に脇毛が無くなる状態になります。

けれども、光脱毛やレーザー脱毛は1回だけでは効果がありませんが、何回も受けることで確実にワキガの臭いを抑えることが可能です。

なぜなら、脇がツルツルの状態となるのでアポクリン腺から出る汗がつきにくくなるので、ワキガが進行しにくくなるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*