埋没毛ができやすくなる原因と解決策について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
無駄毛を自己処理する時に毛抜きで行うと、角質を傷つけることになるだけでなく毛を抜くと同時に皮膚を破ることになります。

なので、埋没毛は毛抜きやピンセットでの自己処理によってできやすい毛となります。

その上、埋没毛を解消するために抜くと、より埋没毛を悪化させることになるので、自己処理を行う際は毛を抜かないように意識するのが重要となります。

自己処理だと皮膚を傷つけやすい

埋没毛はクリニックで脱毛を受ければできませんが、自己処理だと皮膚を傷つけやすくなります。

なぜなら、クリニックでの脱毛は皮膚を傷つけずに脱毛を施してくれるので、埋没毛に悩まされずに無駄毛を処理できるからです。

よって、埋没毛に困らされなくなる方法として、皮膚が傷つくことで角質化するのを防ぐのがポイントとなります。

なので、埋没毛ができても抜かずにクリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めです。

さらに、レーザー脱毛を受けることで処理を施した部位から無駄毛が生えにくくなるので、自己処理に費やす時間を減らすことが可能となります。

また、レーザー脱毛は埋没毛を処理する以外にも、脱毛を受けることで美容効果を得ることができます。

けれども、レーザー脱毛は一度受けるだけでは脱毛効果を得ることができないので、必然的に月に数回通うことが必要となります。

毛抜きでの自己処理によってできやすい埋没毛は、クリニックでレーザー脱毛を受けることで解決することができます。

よって、自己処理に割く時間を減らしたい場合は、クリニックで脱毛を施してもらうのがポイントになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*