脱毛コラム

ワキガになる原因と光脱毛やレーザー脱毛でワキガを改善できる理由

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
日常生活が乱れないように意識しても、誤った自己処理を脇に施すことでワキガになる原因を作り出します。

なぜなら、自己処理によって脇の毛穴や毛根を傷つけるからです。

また、アポクリン腺は脇の毛穴と隣接している上に脇毛と一体化しているので、脇の肌の刺激の影響を受けやすいです。

その影響により、脇に誤った自己処理を施すことはアポクリン腺から出る汗の量が多くなる他にも、毛根が傷つくことで皮脂が多く分泌されます。

よって、アポクリン腺から臭いを発する汗が出るようになるので、ワキガの臭いを強めてしまいます。

さらに、誤った自己処理により毛穴が炎症を起こします。

サロンやクリニックに通うのがお勧め

脇は、皮膚が薄い箇所となるので毛を抜いたり刃を直接当てると、赤く腫れます。

そして、脇の炎症を放置すると雑菌が入り込むので、化膿した毛穴が黒ずみます。

また、自己処理のやり方が正しくても脇をツルツルにした数日後には、再び脇毛が生えることになります。

なので、ワキガに悩まされずに脇毛を処理する際は、サロンやクリニックに通うのがお勧めです。

サロンできる受けれる光脱毛は、クリニックによるレーザー脱毛より脱毛効果が低いですが、レーザー脱毛より痛みを伴いません。

そして、光脱毛とレーザー脱毛は毛を処理した後の肌に光やレーザーを当てることで、毛根の黒い部分に反応する仕組みとなります。

そのため、光やレーザーに反応した部分の毛根が死滅するので、何度も脱毛を受けることで次第に脇毛が無くなる状態になります。

けれども、光脱毛やレーザー脱毛は1回だけでは効果がありませんが、何回も受けることで確実にワキガの臭いを抑えることが可能です。

なぜなら、脇がツルツルの状態となるのでアポクリン腺から出る汗がつきにくくなるので、ワキガが進行しにくくなるからです。

アンダーヘアの脱毛とカミソリに関する注意点

アンダーヘアの脱毛に関して

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛には、カミソリに関する注意点があります。この箇所に対するむだ毛処理は、カミソリなどは使用しない方が良いでしょう。万が一の事態が、大いに考えられるからです。

カミソリの一番の問題点は、やはり鋭い刃が付いている事です。もちろんシェービングクリームなどを使用すれば、肌に対する負担は軽減可能です。しかしクリームを使っていても、肌に対する負担をゼロにするのは難しいです。

ところでアンダーヘアという箇所は、傷付きやすさに関する特徴があります。他の箇所と比べても、かなりデリケートな箇所なのです。

デリケートゾーンというだけあって、、、

人間の各パーツの皮膚は、それぞれ厚さに関する違いがあります。皮膚が比較的厚めな箇所もあれば、やや薄い箇所もあるのです。デリケートゾーンなども、それに該当します。

そういう箇所に対して刺激を加えてしまうと、やはり肌トラブルが生じる確率も高いです。とりわけカミソリなどは、注意が必要です。

人によっては、うっかりカミソリで肌をカットしてしまっています。あごひげを剃る時に失敗して、出血してしまっている男性もたまに見かけるでしょう。アンダーヘア周辺の皮膚も、同じような状態はあり得る訳です。

ですからアンダーヘアの脱毛は、カミソリは使用しない方が良いでしょう。カミソリを使うというより、シェーバーを使用したり、脱毛サロンなどが推奨されます。

体験コースでの施術を利用して脱毛サロンの勧誘を断る方法について

脱毛サロンの勧誘

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、体験コースを受けることで初めて勧誘を受けることになります。

そのため、店舗に入っていきなり勧誘されることはなく、体験コースを受けてないのに勧誘されたら店舗のレベルが低いと認識しても問題ありません。

なぜなら、体験コースを受けてないのにスタッフが勧誘してくることは、店舗側が契約をお客様のことを考えていない証拠だからです。

なので、実際に体験コースを利用して施術中に気になったことがある際は、スタッフに直接伝えて勧誘を上手く断るのがポイントです。

相手のペースに乗せられて契約するよりも、自宅で体験コースの施術がどうだったかを振り返ってから利用するかを決めるのが大切です。

よって、スタッフが強く勧誘し続けても、耳を傾けずに自宅で考えて検討することを強調するのが大事です。

あくまでも自分に合った脱毛サロンを選ぶ

体験コースを利用した人のみ限定価格で利用できる旨を言われても、気にしないのが自分に合った脱毛サロンを選ぶのに重要となります。

ちなみに、脱毛サロンの体験コースを実際に受けてみて施術がどうだったかは、口コミや評価を見ることで確認することが可能です。

なので、体験コースでの施術を受けることで口コミや評価通りの内容だった場合、実際に契約するかを決める決め手となります。

体験コースを利用しての脱毛サロンの勧誘の断り方は、店の雰囲気を掴むだけでなく施術の効果を直接知るためのきっかけに繋がりやすいです。

埋没毛ができやすくなる原因と解決策について

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
無駄毛を自己処理する時に毛抜きで行うと、角質を傷つけることになるだけでなく毛を抜くと同時に皮膚を破ることになります。

なので、埋没毛は毛抜きやピンセットでの自己処理によってできやすい毛となります。

その上、埋没毛を解消するために抜くと、より埋没毛を悪化させることになるので、自己処理を行う際は毛を抜かないように意識するのが重要となります。

自己処理だと皮膚を傷つけやすい

埋没毛はクリニックで脱毛を受ければできませんが、自己処理だと皮膚を傷つけやすくなります。

なぜなら、クリニックでの脱毛は皮膚を傷つけずに脱毛を施してくれるので、埋没毛に悩まされずに無駄毛を処理できるからです。

よって、埋没毛に困らされなくなる方法として、皮膚が傷つくことで角質化するのを防ぐのがポイントとなります。

なので、埋没毛ができても抜かずにクリニックでレーザー脱毛を受けるのがお勧めです。

さらに、レーザー脱毛を受けることで処理を施した部位から無駄毛が生えにくくなるので、自己処理に費やす時間を減らすことが可能となります。

また、レーザー脱毛は埋没毛を処理する以外にも、脱毛を受けることで美容効果を得ることができます。

けれども、レーザー脱毛は一度受けるだけでは脱毛効果を得ることができないので、必然的に月に数回通うことが必要となります。

毛抜きでの自己処理によってできやすい埋没毛は、クリニックでレーザー脱毛を受けることで解決することができます。

よって、自己処理に割く時間を減らしたい場合は、クリニックで脱毛を施してもらうのがポイントになります。

産後の濃いムダ毛処理の方法と注意点について

出産後の女性の体について

産後の女性
産後は、妊娠中のホルモンバランスの変化により、肌の状態が不安定となります。

さらに、男性ホルモンの割合が女性ホルモンより多くなるので、妊娠前より濃いムダ毛が生えやすくなります。

ちなみに、産後から半年経つとホルモンバランスが改善されますが、それでも濃いムダ毛と向き合う必要があります。

その上、産後は赤ちゃんの世話をする時間が必要なので、脱毛施設で脱毛する時間を確保しにくいです。

なので、産後において自己処理によって濃いムダ毛を処理することになりますが、妊娠前より誤った自己処理になりやすいです。

なぜなら、産後は肌が敏感な上に乾燥しやすい他にも、濃いムダ毛が増えるからです。

その影響により、剃刀や毛抜きだと妊娠前の自己処理より肌を余計に傷つけることになります。

他にも、脱毛テープや除毛クリームでムダ毛処理する方法とありますが、肌を大きく傷つけるので肌のトラブルを招きやすいです。

出産後のムダ毛の処理の注意点

産後のムダ毛処理の注意点として赤ちゃんの面倒を見る時間と両立させる必要があるので、短時間で済ませるのが基本となります。

そのため、ムダ毛処理のやり方を間違えやすくなるので、肌を傷つけるリスクが高まります。

よって、産後に短時間で濃いムダ毛を処理するならば、電動シェーバーを活用するのがお勧めとなります。

電動シェーバーならば、肌の保湿を欠かさず行うことと刃の衛生面の管理をきちんとこなすことで、肌を傷つけるリスクを抑えつつ濃いムダ毛を処理できます。

その上、電動シェーバーには女性用のが存在するので、産後の敏感な肌でも誤った自己処理を施す恐れを減らすことが可能です。